SOXBOX NX-Plus

SOXBOX NX-Plus

「SOXBOX NX-Plus」は、1台でパソコンやインターネットの利用状況の記録を行い、USBメモリなどの使用を制限でき、情報セキュリティの強化に役立ちます。

主な特長

専門知識不要でかんたん導入
SOXBOX NX-Plusは、ハードウェアとソフトウェアが一体化されているアプライアンス製品で導入も簡単です。ネットワークに接続し監視対象のパソコンにエージェントをインストールすれば、使用できます。
情報漏えいリスクの軽減
USBメモリなどの外部メディアへの書き込み禁止や印刷禁止などを制限することができます。許可していないWebメールやストレージ、SNSへの書き込みなどの利用も制限することができます。
パソコンの操作履歴収集
パソコンの起動や終了の時間を記録し、アプリケーションの操作やファイルのアクセス、印刷などの操作も自動で記録します。
IT機器情報の自動取得
接続するパソコンのハードウェア構成、OS、アプリケーションのインストール情報、パッチの適用状況を自動収集します。
Webからのマルウェア感染防止
Webフィルタリング機能により、不正サイトへの誘導を防御し、マルウェアの感染リスクを軽減します。

働き方改革にも一役!

端末稼働状況のレポートから、長時間稼働や時間外稼働を出力し長時間労働の未然防止や所定外労働の削減に効果を発揮します。

パソコンへのメッセージ配信による意識向上

業務用のパソコンに、様々なメッセージを送信することにより、働き方改革の意識付けを行います。

収集したログデータの活用による多次元分析

パソコン稼働時間のデータ出力による勤怠記録や入退出記録などと照合。
客観的な記録データを照合することで勤務状況の適正化を図れます。

各種法制度の安全管理対策にも一役!

個人情報保護法対策

「個人データの管理に関する義務」への対応 法第19条~第22条

マイナンバー法対策

マイナンバー法で要求される安全管理措置への活用

■組織的安全管理措置 ・組織体制の整備
・取扱規程等に基づく運用
・取扱状況の把握および安全管理措置の見直し
■物理的安全管理措置 ・電子媒体等を持ち出す場合の漏えいなどの防止
■技術的安全管理措置 ・外部からの不正アクセスなどの防止
・情報漏えい等の防止

労働基準法

「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」への対応

〔活用例〕
使用者が始業・終業時刻を確認し、記録する方法としては、原則として次のいずれかの方法によること。

(ア)使用者が、自ら現認することにより確認し、適正に記録すること。

(イ)タイムカード、ICカード、パソコンの使用時間の記録等の客観的な記録を基礎として確認し、適正に記録すること。

動作環境

ハードウェア仕様

基本仕様
  • CPU:Intel Pentium G 6950 2.8GHz
  • メモリ:2GB
  • SSD:240GB
  • UPS:内蔵
外形寸法・重量 W104mm × D290mm × H290mm 約7kg

エージェントモジュール動作環境

管理者パソコン
※1
  • 32bitOS:Windows 10、Windows 8.1、Windows 7
  • 64bitOS:Windows 10、Windows 8.1、Windows 7
  • Internet Explorer 11以上
  • 5432番ポートによる通信ができること。
監視対象パソコン
※1※2※3
  • 32bitOS:Windows 7、Windows 8.1※4、Windows 10、Windows Server 2008(SP1以降)
  • 64bitOS:Windows 7、Windows 8.1※4、Windows 10、Windows Server 2008(R2) Standard、Windows Server 2012 Standard、Windows Server 2012(R2) Standard※5、Windows Server 2016 Standard
  • Internet Explorer 11以上、Firefox、Chrome※6
  • 3031、3032番ポートによる通信ができること。
  • ユーザー認証が必要なプロキシサーバー経由でインターネット接続している環境では、Webフィルタリング機能を使用できません。

※1:ウイルス対策ソフトやファイアウォール等により、エージェントからのデータ送信がブロックされない必要があります。

※2:各サーバーOSのServer Coreには対応しておりません。

※3:Windows RTには対応しておりません。

※4:Windows 8.1のUIモード(modernスタイル)には対応しておりません。

※5:64bit版Windows Server OSはWebフィルタリング機能の対象外です。

※6:「操作情報詳細画面」の内容として、Internet Explorer・Firefox・Chrome以外のブラウザーを使用した場合、URL情報は取得できません。

※Webフィルタリングの管理画面にはJavaScript及びCookieが使用できる環境でログインしてください。

※Webフィルタリングのモジュールをインストールするコンピュータでは、DNSによる名前解決ができる必要があります。また、Windows Installer 3.0以上が必要です。

かんたんナビ

まずは無料資料請求

お問い合わせ