財務大将

Galileopt DX 機能

管理会計と制度会計を高次元で
両立させる財務会計システムの進化形

Galileopt DX の財務大将は、同一システム内で制度会計と管理会計の両方を管理することができ、データの整合性を保ちながら、スピーディーな集計を可能にします。日々の業務から各種管理資料の出力や税務モジュールへのデータ連動まで、経理業務全般をカバーしており、高度な財務分析や経営分析などの管理会計機能を容易に活用できます。財務データを武器として「攻めの経営」を実現する次世代の財務会計システムです。

機能

充実した分析項目

事業種類が増えた場合においても対応できる拡張性を備えています。セグメント、プロジェクト、部門など最大30 種類の管理項目を管理できるため、今後の事業拡張における経営層からの分析要求にも容易に対応できます。

部門組織とセグメント

全社や本部別、事業部別の予実・前年対比などの管理はもちろん、事業や地域のようなセグメント管理にも柔軟に対応します。部門数、階層数、セグメント数は、無制限に設定できます。

自由な勘定科目体系

基本科目体系とは別に「管理会計用体系」を作成できます。設定により、限界利益の算出や経営会議用資料の作成、非会計情報を利用した生産性分析基盤の作成が可能です。

仮想組織

仮想組織機能によって組織のシミュレーションを自由に行うことができ、管理会計における各種シミュレーションの精度をさらに向上させられます。実組織と仮想組織を合わせて、99 パターンまで設定可能です。

インボイス制度対応

インボイス制度に対応します。事業者登録番号の登録をはじめ、仕入れ税額控除への対応や、“免税事業者からの課税仕入れにかかる経過措置”の計算に対応します。

実績集計と未来予測

マネジメント強化の目的は、正確な評価と迅速な判断をすることにあります。さまざまな評価指標と実績を比較することはもちろん、多彩な切り口による未来予測で迅速な経営判断をサポートします。

振替伝票入力支援機能

定型仕訳パターンの登録、連想検索による、対象マスタの絞り込み、入力済み仕訳からの逆仕訳作成など、さまざまな入力支援機能が効率的なデータ入力を可能にし、入力ミスを防いでデータ精度を向上させます。

振替伝票入力画面カスタマイズ機能

伝票入力画面は、お客様の要望に合わせ、パラメーターを変更することによって自由にカスタマイズすることができます。

データ基準の活用

IFRS のアドプション対応を見据え、複数元帳管理に対応します。また管理会計データとしての活用も可能です。

システム連携の強化

クラウドサービスEdge Tracker経費精算から経費データをシームレスに取り込み可能です。また予算管理BizForecast core、連結会計BizForecast FC との連携を強化。またあらゆるシステムとの連携を実現し、業務効率をさらに向上させます。

オプション

  • 経費精算
  • 手形管理
  • 資金管理
  • 電子帳簿
  • プロジェクト管理
  • 電子帳簿保存法スキャナ保存対応
  • 外貨管理
  • グループ会社合併・本支店合併
  • 本支店付替
  • 建設工事業/原価管理
  • MJS AI監査支援
  • グループ会社管理

Galileopt DX 機能

課題や導入に関するご相談など承っております。

まずはお気軽にお問い合わせください。

資料請求はこちら

関連製品・サービス