近藤 勝彦(こんどう かつひこ)/客員研究員

弁護士

略歴:
1989年 早稲田大学法学部卒業
1999年 弁護士登録(所属・第二東京弁護士会)
MJS 税経システム研究所客員研究員、東証一部上場会社社外役員、公益法人役員、大学講師などを歴任。長年弁護士として企業法務を取り扱い、企業のコンプライアンス、コーポレート・ガバナンス、人事・労働法務(使用者側)、個人情報保護法、情報セキュリティなどを専門とする。
主な著書等:
『改正法対応・自動車販売業のための個人情報保護マニュアル』(H29/自販連)
『裁判員がこの国のかたちを変える-裁判員制度のしくみと心得』扶桑社(共著・H21/2009)
『新会社法時代のリーガルセンス』日本経済新聞社(共著・H19/2006)
『新会社法と中小会社の実務対応』中央経済社(共著・H18/2006)
稲葉威雄・酒巻俊雄編『会社法務質疑応答集』第一法規(H14/2002)
『裁判員がこの国のかたちを変える-裁判員制度のしくみと心得』扶桑社(共著・H21/2009)
このウィンドウを閉じる

このページの先頭へ▲