会計事務所導入事例

2018年11月27日現在

株式会社戦略会計ネットワーク 様

株式会社戦略会計ネットワーク 様

「かんたんクラウド」によるデータ共有で
巡回監査時の無駄な時間を削減
見える化で顧問先の経営も改善

小規模な事業所でも無理なく自計化が可能に

  • 30名
  • ・税務会計業務・コンサルティング・独立開業支援・経営革新支援
NX-proかんたんクラウド
  • 東日本大震災を教訓とした災害に強いデータ管理体制が必要
  • 小規模な事業所も含めた顧問先の自計化を促す仕組みが必要
  • クラウドによる安全なデータ管理体制と事務の効率化を実現
  • 顧問先との「データ共有」と「見える化」による巡回監査の効率化、効果的自計化支援を実現

導入の背景

クラウド化のきっかけは3.11でのデータ消失

池戸経営会計グループが初めてミロク情報サービス(以下MJS)の製品を導入したのは、今から15年前にまでさかのぼる。もともと使っていた他社のシステムでは予実対比の機能がなかったことから、MJS製品に白羽の矢が立ったというのがその経緯だ。代表社員を務め税理士・行政書士でもある池戸俊幸先生は「レベルの高い仕事をしていくにはレベルの高いシステムが必要だった」と当時を振り返る。

現在、同事務所では自計化を進めるツールとして、「かんたんクラウド」を導入して顧問先に積極的に勧めている。そのきっかけとなったのは、2011年3月11日の、あの東日本大震災だった。

「あの災害で全国の会計事務所では多くのデータが消失したと聞いています。売掛管理や財務のデータはお客さまにとって財産ですから、危機管理という観点から、クラウドを導入する流れになりました」(池戸先生)。

現在「かんたんクラウド」に移行している顧問先は約60社。未導入の顧問先へも今後クラウド移行を勧めていくという。「私たちがつくった表計算ソフトの出納帳を使っているお客さまが多いのですが、慣れもあってなかなかクラウド移行してもらえない」と苦笑いを浮かべる池戸先生だが、クラウドのメリットを説明しながら顧問先の説得を進めている。

導入のポイント

多様な顧問先に最適可能なクラウドシステムを検討

イメージ写真1
株式会社戦略会計ネットワーク 様
代表社員税理士 行政書士
池戸 俊幸先生

記帳代行から自計化まで、顧問先へのかかわり方はさまざまだが、同事務所では業務効率化を図るために、顧問先の詳細な分析を行っているという。

「表計算ソフトの出納帳を使っているところもあれば、まだ手書きのところもあります。また科目印が押せる人もいれば、そうでないお客さまもいます。そうした部分も含めてお客さまの詳細な分析をしています。私たちの人手が足りないこともあり、何とか業務の効率化を図らなければならず、お客さまの状況を分析したうえで、どのようなシステムが有効かを検討しました。処理のスピード等も含めてどうするのがベストかを考えた結果、『かんたんクラウド』に決めたという経緯です。もちろん、3. 11の教訓も大きかったですし、小規模事業者にとっては安価であることも重要な要件でした」と池戸先生が説明するように、多様な顧問先の状況にどれだけシステムが最適化できるのかという点は、会計事務所にとっては重要な要素であるといえる。

運用と評価

共有と見える化で効率化と顧問先の自計化を両立

イメージ写真2
株式会社戦略会計ネットワーク 様
執行取締役 監査・部長
小野 晋氏

クラウドが導入されたことで、日頃から事務所と顧問先でデータを共有できるようになった。池戸先生は導入の効果としてもっとも大きかった点について「監査の効率が上がったこと」を強調する。

「クラウドの良さは帳簿を事前に見られることです。あらかじめ見て修正しておくことで、巡回の際には原票をチェックするだけで済みます。ポイントを絞ったうえで顧問先へ行くことができるので、貴重な時間を無駄にすることがない。サービス業はタイム&コストですから」(池戸先生)。

さらに、顧問先の自計化へのステップとしてもクラウドは最適だという。

「従来のスタンドアローンの場合、お客さまの方で1ヵ月放置されるようなこともよくあります。クラウドを使えば、一緒に進めることができる。また、いったん移行したら細かい設定等もなく、すぐに使えるという点でもお客さまの負荷が少ない。例えば消費税やマイナンバーなど、税率や制度の変更があっても、自動的に反映されるので、クライアント側で設定をしなくてもいいのは助かります。私たちも減価償却制度の改定など、システム側に教えられるようなケースもあります」(池戸先生)。

また、同事務所では「かんたんクラウド」と併せて「ACELINK NX-Pro」も導入することで、懸案だった事務作業の効率化を実現している。従来は記帳代行作業において担当者が前処理をしたうえでキーパンチャーが入力し、それをさらにチェックに戻すというフローで流れていたが、現在では担当者が直接入力できるように改善されたことで、入力部門の人手不足問題から解放されたという。

今後の展望

「かんたんクラウド」を事業戦略のひとつに

イメージ写真3

クラウドの良さは「共有」と「見える化」にある。会計事務所と顧問先の両者が同じデータを見ることで、事務作業が効率化できることはもちろん、両者の距離が縮まることにも大きな意味がある。

池戸先生は「インサイドワーク」を重視する。顧問先の中にいかに入り込み、状況を把握して適切な経営改善支援につなげるのか。「例えば車が10台あるとすれば、その1台がどれだけ売り上げたのかというところまで見える化していく。それができるのが『かんたんクラウド』だと思っています」(池戸先生)。

同事務所では、次年の事業計画の中に、戦略として「かんたんクラウド」をどのように位置づけるのかを検討しているという。「そのためにはシステム側の進化も必要」と池戸先生は指摘する。

「顧問先には小規模事業者も多いです。開発者やベンダーはユーザーを専門家集団として捉えがちですが、実際にはまったく使えない人もいる。インターフェースやスピードなど、使いやすさをもっと追究していただきたい。とりわけ『出納帳はつけられるけど科目印が押せない』というお客さまが多いので、何とかシステム機能で対応してほしい。MJSさんは改善対応が早いので大いに期待しています」(池戸先生)。

操作が簡単で、初心者も安心の「かんたんクラウド」

かんたんクラウド

MJSが開発した中小・小規模企業、個人事業主向けクラウドサービス「かんたんクラウド」。初期費用が無料でインストール不要。操作が容易で誰でも簡単に使える。FinTech技術を活用し金融機関からデータを自動取得、自動仕訳作成するなど入力業務を大幅に効率化。インターネット環境があれば場所と時間を選ばず利用でき、顧問先と会計事務所で連携して使えるのもクラウドならではだ。

UserVOICE

「使いやすさ」への声

執行取締役
監査・部長
小野 晋 氏

顧問先との距離が縮まる

顧問先と一緒に作業を進めていけるのが魅力ですね。「かんたんクラウド」では常に状況を共有できますから、これまで訪問前によくあった顧問先の「まだ全然入力できていません」という状況も、ほとんどなくなりました。その分、訪問時には本来やるべきことに時間が使えるようになり、中身の濃い仕事が可能になりました。

移行が楽なので導入しやすい

スタンドアローンの前システムはもちろん、他社システムからの移行や導入時の設定も楽ですから、顧問先に勧めやすいということもありがたいです。私たちの本来の仕事は、決して帳簿づくりでは終わりませんから、より有効な時間の使い方をするためにも、「税理士の使命」としてクラウドを勧めたいですね。

私のイチオシ機能&サービス

顧問先に勧めるうえでの信頼感に満足

イメージ写真5その名のとおり導入や操作が「かんたん」であることはもちろん、低価格ながら安定したクラウドシステムという信頼感があります。顧問先にぜひ使ってもらいたいソリューションですね。昨今はフリーソフトなども多く、各顧問先が独自にそういったソフトを入れてしまうケースもあります。しかしそれでは、監査が非常にやりにくくなります。そのためにも私たちは、「かんたんクラウド」をどんどん勧めていきたいと思っています。

導入会計事務所様のご紹介

株式会社戦略会計ネットワーク(税理士法人ジャパンタックス申告会)

所在地
〒001-0038 札幌市北区北38条西4丁目1-1 IMAC38ビル
代表者
池戸 俊幸
設立
1974年8月
構成人員
30名
主な業務
  • 税務会計業務
  • コンサルティング
  • 独立開業支援
  • 経営革新支援
URL
http://www.iketokaikei.com/

導入会計事務所様ワンポイントPR

かゆいところに手の届く ニーズに合った経営支援

イメージ写真62019年には創業45周年を迎える老舗会計事務所。顧問先経営者の意思決定に役立つ管理会計に特に強みを持つ。「お客さまの背中のかけないところをかけ」がモットー。熱意と誠意で、多くの顧問先の信頼を集めている。ITを用いた自計化支援にも熱心に取り組んでおり、さまざまな会計システムの特性をリサーチすることで、小さな会社でも無理のない自計化を実現することにも定評がある。

かんたんナビ

まずは無料資料請求

お問い合わせ