MJS AI監査支援

MJS AI監査支援

MJS AI監査支援とは

「MJS AI監査支援」は財務報告書の作成に必要な月次監査業務を効率的に行うための支援システムです。
ACELINK NX-Pro会計大将の会計データと連携して試算表および仕訳データに対して監査(チェック)することができます。
MJSでは、入力作業の自動化を支援する機能だけでなく、エラーチェック・検出から修正に至る一連の作業領域においてもIT技術を活用したソリューションを提供します。

仕訳チェックの自動化で月次・年次監査業務の負担軽減!

「MJS AI監査支援」は「ACELINK NX-Pro」会計大将のデータをクラウド上で監査します。
チェックルールやAIエンジンによる試算表や仕訳データのチェック自動化により、監査時間の短縮や業務の効率化、さらには月次・年次決算の早期化にもつながります。

仕訳チェックの自動化で月次・年次監査業務の負担軽減!

MJS AI監査はこのような課題を抱えている会計事務所におすすめです

MJS AI監査はこのような課題を抱えている会計事務所におすすめです

MJS AI監査支援が、これらの課題を解決します!

  • 残高や仕訳のチェックの自動化でスピードアップ
  • 見落としがちな間違いも確実なチェックで作業効率化
  • チェックルールにより監査業務の標準化を推進

リリース予定の機能

仕訳明細ルール設定

「システム標準ルール」と「会計事務所オリジナルルール」で自動チェック

税法などを踏まえたうえで、誤りが発生しやすいポイントを考慮しあらかじめ設定された「システム標準ルール※」、ユーザーが設定する「会計事務所オリジナルルール」を任意に組み合わせてチェックすることが可能です。

※「システム標準ルール」は、MJSのシンクタンク機関である税経システム研究所が監修しています。

「システム標準ルール」と「会計事務所オリジナルルール」で自動チェック

監査実行

問題がある科目にマークと件数を表示、ドリルダウン機能で仕訳を確認

チェック結果のサマリは一目でわかるように色と件数で表示します。詳細は仕訳にドリルダウンして確認できます。
チェック結果を精査し、レポートを出力します。

監査実行画面

AI仕訳チェック

AIエンジンを活⽤した仕訳チェック

AIにより勘定科目の修正提案を⾏います。
会社ごとに科目体系が異なる場合でも、処理する会社に合わせて勘定科目を提示します。

AI仕訳チェック

機能一覧

監査ルール設定
  • 仕訳明細ルール設定
  • 月次残高ルール設定
監査実行
  • 月次残高監査処理[著増減]
  • 月次残高監査処理[マイナス残高]
  • 仕訳明細監査処理
  • 仕訳重複監査処理
  • 消費税区分監査処理
  • AI仕訳チェック

動作環境

ブラウザ 備考
Microsoft Internet Explorer バージョン11
Microsoft Edge 最新バージョン
Google Chrome 最新バージョン

かんたんナビ

まずは無料資料請求

お問い合わせ