導入事例

導入事例ジェイエイシーエンジニアリング株式会社 様

ジェイエイシーエンジニアリング株式会社 様

CSV取り込みで仕訳入力業務の負担を軽減
「MJSLINK NX-Plus」で
財務会計、人事給与の基盤を整備
「楽たす振込」では
毎月7万円ほどのコスト削減に成功

  • 160名
  • 建設コンサルタント業

Before導入前の課題

  • 支店とのデータ連動や経理業務の効率化を実現するための刷新を計画
  • 人事DBが未整備で業務ごとにデータ作成が必要

After導入後の効果

  • CSVによる仕訳入力など業務の効率化を実現
  • 楽たす振込で振込手数料を大幅削減
  • 人事DBで属人化解消

導入の背景支店とのデータ連動や業務の省力化を目指す

国土交通省を中心に官公庁からの業務委託を受けて、河川やダム、道路事業などの発注者支援や技術資料作成、設計や施工管理などを手掛けているジェイエイシーエンジニアリング株式会社。本社、全国の支社が請け負うのは、道路や河川施設の点検や修繕、更新など交通基盤の構築を行っている全国の河川国道事務所が手掛ける業務だ。土木施工管理技士や建築施工管理技士、電気工事士、測量士など、さまざまな資格を保有する技術者を派遣して業務を遂行している。

長年専用機を利用して経理業務を行っていた同社は、1990年代後半にPCを利用したオープン系の仕組みに切り替えているが、官公庁からの請負業務が拡大するなかで伝票処理の負担が増加。効率的な経理処理を可能にする、各支店とのデータ連動などの仕組みが必要になってきたという。また、少人数で経理業務を行っていることもあり、できる限り簡単な伝票入力や仕訳処理が以前から求められていた。そんな折、従来使ってきた財務会計の基盤が更新を迎え、新たな仕組みを模索することになったのだ。

導入のポイント会計事務所に転職した同僚の評価で刷新を決断

有原 さゆり氏
経理部 有原 さゆり氏

そこで注目したのが、ミロク情報サービス(以下、MJS)が提供する「MJSLINK」シリーズだった。「一緒に働いていた同僚が会計事務所に転職したのですが、その事務所で使っているMJSのソリューションがとても便利だと教えてくれたのです」と経理部 有原 さゆり氏は当時を振り返る。実は以前の仕組みでは振替伝票形式で入力していく方法だったこともあり、取り引きごとに借方貸方のバランスが合わないと登録そのものができない仕組みだった。「MJSならいったん入力したうえで、あとから見直しが可能です。仮入力がその場でできるため、隙間時間で途中まで入力して保存しておくといった一次的な処理も。仕訳処理自体が負担なく実施できることがわかったのです」と有原氏は評価する。

会計事務所という経理のプロが利用しているという実績の面も大きなポイントだった。結果として、新たな財務会計基盤として「MJSLINK」シリーズの導入を決断し、以降は財務大将や給与大将を中心に「MJSLINK」シリーズを継続利用、現在は最新版の「MJSLINK NX-Plus」に入れ替え、日々の経理業務に生かしている。

また、以前から課題となっていたのが、表計算ソフトによる人事情報の属人的な管理だ。「給与支払いのために、入社時点で人事情報を給与の仕組みに登録しますが、他の業務で人事情報が必要な場合は、その担当者が個別に情報を新たに作成していました。各自がそれぞれ表計算ソフトで人事情報を作成、管理するという状況になっていたのです」と有原氏。そこで、新たに「MJSLINK NX-Plus」の給与大将で人事情報の管理基盤を整備し、効率よく人事情報が活用できる環境づくりを行っている。

運用と評価振込手数料の大幅削減 システム化で属人化解消

現在は、「MJSLINK NX-Plus」の財務大将や給与大将で財務会計、人事給与基盤を構築。全国の請負現場に派遣されている社員の経費処理や給与支払いなどを行っている。給与システムと連動する人事台帳等の作成はこれからだが、社員名簿にひもづく業務経歴や健康診断をはじめとした個人情報管理を、1つのマスターとして整備したうえで活用していく予定だ。「例えば障害者雇用に関する届け出を毎年提出する必要がありますが、人事DBがあればいつでも抽出可能。手作業での集計作業が不要になると期待しています」と有原氏。

特に使い勝手の面では、CSVファイルが読み込めることで、表計算ソフト上で数字だけを変更し、一気に仕訳処理が行える機能が便利だと有原氏は評価する。「社員を派遣する現場近くの物件を、会社の寮として借り上げています。その家賃の仕訳だけでも毎月50件以上。CSVでデータが作成できるため、1件ずつ入力せず、一気に流し込むだけで仕訳入力できるのはとてもありがたい」。

実は今回、MJSの振込代行サービス「楽たす振込」も新たに導入。振込手数料の大幅な削減につながっている。「家賃や社員給与などのさまざまな振り込みを毎月140件ほど行っていますが、メインバンクの都合で振込手数料の値上げが行われました。そこで『楽たす振込』を利用することに。おかげで、毎月7万円ほど、振込手数料が削減されています」と有原氏は力説する。しかも、振込日当日に振込エラーが発生した場合、「楽たす振込」では何度修正しても、追加手数料が発生しない点は心強いと有原氏。銀行で振込手続きを行うと、再振込手数料が別途必要になるケースが一般的。さらに、振込エラーを防ぐ“口座事前確認サービス”により、前もって入力間違いに気づき、エラー発生のリスクを軽減することができる。コスト面だけでなく運用面など、さまざまなメリットを感じているという。

「楽たす振込」ご利用イメージ

※ 振込情報は手入力する運用の他に、全銀ファイル(全銀協規定フォーマット)や、Excel/CSVファイル(楽たす振込指定フォーマット)の取込にも対応しています。
※ 振込情報をご入力いただき、承認・振込依頼を行っていただきます。
※ 振込資金が指定口座に入金されたことを確認し、振込情報をもとにMJSが取引銀行に対して振込指示を行います。

今回改めて財務会計や人事給与などのシステムを導入しているが、大きなメリットは業務の引き継ぎが容易になったことだ。「新メンバーが入社したり、私が急に倒れたりした場合でも、引き継ぎ自体を行わなくも別の誰かが作業できるのが最大のメリットです。自分のPC内にある表計算ソフトだけで業務を行ってしまうと結局属人化してしまいます。それが防げるだけでもシステム導入は効果が高い」と有原氏。

今後の展望部門ごとの原価管理や給与明細参照にも期待


●優良業務施行会社として、数々の表彰実績が。

今後は、部門コードなどを駆使して原価管理を行い、例えば案件ごとの原価をしっかりと把握していきたいという。「きちんと原価管理を行うためには、例えば社員経費もどの案件に発生した経費なのかを明確に情報提供してもらう必要があります。そのためのソリューションについてもぜひ検討したい」と有原氏。実は経費精算におけるワークフローツール「Edge Tracker」などについても提案を受けている状況にある。ただし、現状は紙での運用が中心であり、社員の年齢層の高さからスマートフォンでの経費精算などは難易度が高く、その導入ハードルは決して低くない。それでも、業務の効率化や原価の見える化に向けての検討を進めていきたいと語る。また現状では印刷・郵送している給与明細もWebで閲覧してもらうような環境づくりに取り組みたい意向だ。

UserVOICE

「使いやすさ」への声
有原 さゆり氏

ジェイエイシーエンジニアリング株式会社
経理部
有原 さゆり氏

確認プロセスの充実でミスを軽減
最新の「MJSLINK NX-Plus」では、これまで以上にしっかりとした確認プロセスが入るようになっており、うっかり更新してしまうようなことがなくなりました。確認プロセスが多くなったぶん、手順自体が増えることになりますが、その結果としてリスク軽減やミスの撲滅につながるようになっています。
困りごとに真剣に対応してくれるサポートが魅力
導入当初はサポートセンターによく連絡していましたが、システムのエラーについてはリモートでしっかり対応していただけますし、何かわからないことがあっても真剣に対応いただけます。仕訳効率化のノウハウなども助言いただくことができました。サポートセンターでわからないことも、調べたうえで後日改めてご連絡いただけるため、とても助かっています。
私のイチオシ機能&サービス
会計事務所との連携が企業の現場を助けてくれる
全般的にイチオシなのですが、会計事務所にも多くのソリューションを提供しているMJS の強みも、評価できますね。おかげで会計事務所との連携もしやすく、少人数で会計処理を行っているわれわれにとっては、とても助かっています。MJSがこれまで培ってきたものが強みとなり、企業で作業する現場にも生かされていると思います。

導入企業様のご紹介

ジェイエイシーエンジニアリング株式会社 様
  • ●所在地

    〒980-0811
    宮城県仙台市青葉区一番町4-1-7

  • ●代表者

    代表取締役 能勢 一生

  • ●設立

    2010年8月

  • ●社員数

    160名

  • ●主な業務

    建設コンサルタント業(発注者支援業務、労働者派遣事業)

  • ●ホームページ

    http://www.e-jac.co.jp/

導入企業様ワンポイントPR

社会資本整備を実現する地域のファシリテーター

施工管理、維持管理を中心に 社会資本整備を支援する建設コンサルタント会社。技術力と知識を集結させ、地域のファシリテーターとして社会資本整備に貢献している。2010年設立の若い企業だが、「社の内外を問わず、自己に恥じない行動をとる」「会社の利益増進と発展に貢献する」「精励恪勤をモットーとする」「社名の高揚に努力する」を社員心得に、数々の実績をあげている。

かんたんナビ

まずは無料資料請求

お問い合わせ