山内 暁(やまうち あき)/客員研究員

早稲田大学商学学術院教授

略歴:
2006年 早稲田大学商学研究科博士後期課程 単位取得満期退学
多摩大学経営情報学部助教授、准教授、専修大学商学部准教授、早稲田大学商学学術院准教授を経て、現職。
主な著書等:
『財務会計の理論と制度』(分担執筆、辻山栄子(編著)、中央経済社、2018年2月 )
『IFRSの会計思考―過去・現在そして未来への展望 ( 分担執筆、辻山栄子(編集)、 中央経済社、2015年10月 )
『IFRS教育の実践研究』(分担執筆、柴健次(編集)、創成社、2013年2月)
『IFRS教育の基礎研究』(分担執筆、柴健次(編集)、創成社、2012年8月)
『IFRS導入のコスト分析』(分担執筆、中央経済社、2011年7月)
『暖簾の会計』(単著、中央経済社、2010年3月)
「入門会計学 財務諸表を読むためのエッセンス」(分担執筆、実教出版、2009年10月) 他
このウィンドウを閉じる

このページの先頭へ▲