第48回 2024年問題(自動車運転業務の労働時間規制)

2024年1月10日

 2019年4月に施行された働き方改革関連法において、「時間外労働の上限規制」が大企業では2019年4月から、中小企業では2020年4月から適用されましたが、諸般の事情から4つの業種(自動車運転業務、建設事業、医師、鹿児島県及び沖縄県における砂糖製造業)については適用を5年間猶予され、新技術等の研究開発業務は適用を除外されました。

 マスコミ等で騒がれている「2024年問題」とは、5年間猶予された業種に、2024年4月1日から「時間外労働の上限規制」が適用されることで生じる様々な問題のことをいいます。

 今回は、これら4業種の中から自動車運転業務(物流・運輸)の「時間外労働の上限規制」と「改正改善基準告示」について解説いたします。

時間外労働の上限規制

 すでにほとんどの企業に適用されている時間外労働の上限は図表1の通りですが、自動車運転業務については、次の通り制限が緩和されています。

  1. 原則として月45時間、年360時間
  2. 臨時的な特別の事情があって労使が合意する場合(特別条項)は、年960時間

 月々の時間外労働の上限時間の目安としては80時間となりますが、100時間以上になったとしても、月ごとの制限が設けられていないため、他の月で調整して年間960時間に収めれば良いことになります。

(図表1)時間外労働の上限

  1. 原則として月45時間、年360時間
  2. 臨時的な特別の事情があって労使が合意する場合(特別条項)
    • 年720時間以内
    • 月100時間未満
    • 2~6か月平均80時間以内
  3. 原則である月45時間を超えることができるのは、年6か月まで

改善基準告示

 自動車運転業務においては、上記「時間外労働の上限規制」に加えて、ドライバーの労働時間等の労働条件の向上を図るため、労働基準法では規制することが難しい拘束時間(実労働時間+休憩時間)や休息時間(勤務間インターバル)、運転時間等の基準を定めた「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準(改善基準告示)」(厚生労働大臣告示)も遵守しなければなりません。
 「改善基準告示」は、トラック運転者、バス運転者、タクシー・ハイヤー運転者、それぞれに細かく基準が設けられています。その中から、トラック運転者の「改正改善基準告示」(図表2)について、ポイントを絞って解説いたします。

(図表2)トラック運転者の改正改善基準告示の主な内容

(出典:公益社団法人北海道トラック協会リーフレットを加工)

 1か月の拘束時間は時間外労働及び休日労働を含め、原則月284時間です。繁忙期の対応では、最大月310時間まで延長することができます。また、1日当たり、1週当たりの運転時間も定められていますので、これらの基準を考慮して、上限時間を上回ることのないように配送計画を立てなければなりません。
 特に長距離輸送貨物輸送の場合、無理な到着時刻を設定し、拘束時間の全てを運転時間にしてしまうと、告示違反になる場合があります。告示違反となった事業者は行政処分の対象となりますので注意が必要です。とはいえ、トラック事業者の努力だけでは難しい側面もありますので、告示違反となるような長時間の荷待ちが疑われるような場合は、労働基準監督署から荷主に対して「要請」を行ったり、厚生労働省から国土交通省に情報提供を行い、国土交通省から荷主等に対して法に基づく「働きかけ」等を行うことになっています。

時間外労働の上限規制がもたらす影響

 物流・運輸業界は、現在の仕組みではドライバーの労働が売上に直結しますので、時間外労働が規制されることで、ドライバーの売上、さらには会社の売上も減少する可能性が高いといわれています。仮に全ドライバーが法定通りの拘束時間を守ったとすると、およそ3割の荷物が輸送できなくなるという試算もあります(法定に従って274時間以内を目安とした場合、およそ3割のドライバーが時間超過しているため=図表3参照)。
 荷主にとっては、必要なタイミングで商品を調達できないなど、今まで通りの柔軟な対応ができなくなる可能性があります。また、すでに物流コストの上昇は避けられないといわれており、最終的には消費者の負担増に繋がることになるでしょう。
 以上のように、ドライバーの労働時間規制は、単に労働時間の問題だけに留まらず、多くの業界や消費者に影響を及ぼす深刻な問題といえます。

(図表3)トラックドライバーの1か月の拘束時間

(出典:厚生労働省「自動車運転者の労働時間等に係る実態調査結果(概要)」)

筆者紹介

加藤千博

MJS税経システム研究所 客員研究員
社会保険労務士法人加藤マネジメントオフィス 代表社員
社会保険労務士 加藤 千博
http://www.kmo-sr.jp/

Edge Trackerシリーズ

企業向け
Edge Tracker 経費精算

クラウド経費精算システム

エッジトラッカー ケイヒセイサン

電子帳簿保存法対応

インボイス制度対応

「リアルタイム精算」で仕事の効率化を図る
従業員と管理部門の業務効率化を実現するクラウドサービス

PCやスマートフォンを利用して「いつでも」、「どこでも」、経費(交通費・交際費など)の入力や申請が可能です。ICカードやクレジットカードのデータ取込機能や交通費の自動計算機能を使えば入力もラクラク。承認もスムーズに進められます。

  • 財務・会計
  • 給与・人事
  • 経費精算
  • SaaS
企業向け
Edge Tracker 勤怠管理

クラウド勤怠管理システム

エッジトラッカー キンタイカンリ

日々の入力により働くの見える化を推進
従業員と管理部門の業務効率化を実現するクラウドサービス

PCやスマートフォンを利用して勤怠の打刻や残業などの申請が可能です。勤怠データは自動集計されるので、管理者はいつでも従業員の勤怠状況を確認することができます。異常な勤怠データがあればアラートも出るので、労務コンプライアンスの強化にも役立ちます。

  • 財務・会計
  • 給与・人事
  • 勤怠管理
  • SaaS
企業向け
Edge Tracker 給与明細参照

クラウド給与明細参照システム

エッジトラッカー キュウヨメイサイサンショウ

社員の利便性向上とコストダウンを実現
従業員と管理部門の業務効率化を実現するクラウドサービス

PCやスマートフォンを利用して「いつでも」、「どこでも」、給与明細など各種明細書を閲覧することができます。紙で出力する場合に比べて、印刷・封入・配付にかかる手間やコストを大幅に軽減できます。必要に応じて紙での発行にも対応可能です。

  • 財務・会計
  • 給与・人事
  • 給与明細
  • SaaS
企業向け
Edge Tracker 年末調整申告

クラウド年末調整申告システム

エッジトラッカー ネンマツチョウセイシンコク

あわただしい年末調整業務の改善とコストダウンを実現
従業員と管理部門の業務効率化を実現するクラウドサービス

PCやスマートフォンを利用して年末調整における各種申告書を作成することができます。手書きに比べて、各種申告書の配付・記入・回収にかかる手間やコストを大幅に削減できます。PCから用紙の出力が可能です。

  • 財務・会計
  • 給与・人事
  • 年末調整申告
  • SaaS
企業向け
Edge Tracker ワークフロー

クラウドワークフローシステム

エッジトラッカー ワークフロー

フレキシブルなドキュメントワークフローを実現

申請書は自由に作成可能。外出先でも各種申請書の申請・承認ができます。

  • ワークフロー
  • SaaS
中堅・中小企業向け
Edge Tracker 電子請求書

電子インボイス送受信・インボイス電子化対応サービス

エッジトラッカー デンシセイキュウショ

電子帳簿保存法対応

インボイス制度対応

デジタルインボイスで経理DXは新たな次元へ

MJSの販売管理、請求管理、財務・会計の各システムとシームレスに連携し、受領した電子インボイスのデータをもとにMJSの財務・会計システムで仕訳の自動作成も可能です。

  • インボイス
  • SaaS

課題や導入に関するご相談など承っております。

まずはお気軽にお問い合わせください。

資料請求はこちら