MJSオンラインフェア2021秋 ~先手必勝!変革の時代に向けて今こそデジタル業務改革~

デジタルの活用によりサービスや仕事の在り方を変革するDX(デジタル・トランスフォーメーション)。DXを推進する動きが社会全体で広まっていく中、今後デジタル化の波はますます加速する見込みです。本フェアではこうしたデジタル化社会の到来に向け、今のうちに自社の業務のあり方を見直し、経営戦略を支えるIT基盤の最適化に対する気づきをご提供いたします。

DAY1

デジタル・トランスフォーメーションで業務プロセスの全体最適化

  • A-1 10:00~10:45(45分)

    日本の未来の働き方にマイクロソフトがお手伝いできること

    日本マイクロソフト株式会社 クラウドビジネス開発本部 
    カスタマープログラムマネージャ 菅野 亜紀 氏

    コロナで私たちの仕事の在り方は変わりました。DXを推進する企業がある一方、これからどう進めていくべきか悩まれている企業も少なくありません。本講演では、これまで多くのお客様のDXを支援させて頂いたマイクロソフトが考える「未来の働き方」についてご紹介します。

  • A-2 11:00~11:45(45分)

    システム連携強化、AI仕訳・AI監査の活用でさらなる業務効率化を実現
    ~AIデータ活用の成功はMJSLINK DX財務大将にある~

    株式会社ミロク情報サービス 製品企画開発部 犬飼 英佑

    業務の効率化や生産性の向上はもとより、経営状態をリアルタイムに把握するための月次決算の早期化の実現を可能にする、AI仕訳・AI監査などの新機能をご紹介いたします。早めに導入すれば効果に必ず違いが出ると確信しています。

  • A-3 13:30~14:30(60分)

    今がターニングポイント 税務・経理手続のDX化に向けての検討

    税理士 谷中 淳 氏

    コロナ禍においてDXの重要性がより強く認識され、税制面においても電子帳簿保存法の大幅な改正等、DXの流れは加速しています。税務・経理を取り巻くDX化に向けた各種制度の概要を確認し、DX化に向けてどのような準備をすべきか検討を行います。

  • A-4 14:45~15:30(45分)

    入力作業の自動化で業務時間大幅削減!AI-OCRで進めるDX推進

    AI inside 株式会社 丸山 麻紀子 氏

    紙の請求書・領収書等のデータ入力に時間を取られていませんか?AI-OCRを導入すれば劇的な業務改善が期待できます。手書き、活字、FAX、写真で撮った書類まで、もう手入力は不要。導入シェアNo.1のAI-OCR「DX Suite」のご紹介です。

  • A-5 15:45~16:30(45分)

    総務もコスト削減や効率化できる!給与支払業務の見直しのススメ

    株式会社ミロク情報サービス 営業推進部 長野 有沙

    勤怠集計~給与計算~明細書配布~振込と、アナログな作業が多い給与支払業務。「給与支払業務を1/3の時間へ短縮できた」実例を交えて、すぐに始められるデジタル化のポイントをご紹介します。

  • A-6 16:45~17:30(45分)

    働き方が変わる!デジタルシフトで力を発揮するノーコードRPA

    日本電気株式会社 宮内 順平 氏

    かんたんにロボットが作成できる、ノーコード思想のRPAツールであるNEC Software Robot Solution。本セミナーでは、その製品特徴と、RPA導入の成功事例のご紹介を通して、業務効率化の後押しをさせていただきます。

DAY2

電子帳簿保存法・インボイス対応に向けて

  • B-1 10:00~10:45(45分)

    今から備える「令和3年度税制改正」!
    おさえておきたい電子帳簿保存法「新7条」電子取引データの電子保存

    ペーパーロジック株式会社 代表取締役社長 横山 公一 氏

    令和3年度税制改正ではスキャナ保存の事前申請が不要になるなど電子帳簿保存法が更に緩和される一方、電子取引では紙やマイクロフィルムへの保存措置が廃止されるなど、押さえておくべきポイントを詳細に解説する実践的なセミナーです。

  • B-2 11:00~11:45(45分)

    中小企業経理担当者向け「電子取引・スキャナ保存へのシステム対応」

    株式会社ミロク情報サービス 営業推進部 清水 直美

    電子取引の義務化はにスキャナ保存が深く係わります。業務フロー・経費精算はじめとするシステムの見直しやご検討についてご提案します。

  • B-3 13:30~14:30(60分)

    デジタル化に対応する電子インボイスと電子帳簿保存法のポイント解説

    青山学院大学大学院特任教授 税理士 望月 文夫 氏

    本年10月1日よりインボイス発行事業者の登録申請が始まりました。一方、2022年1月より、改正電子帳簿保存法が施行されます。そこで、進行するデジタル化にスムーズに対応するため、実務の重要ポイントを解説します。

  • B-4 14:45~15:30(45分)

    会計事務所と顧問先のデジタル化を加速
    ~電子帳簿保存・スキャナ保存を利用し、さらなる業務の効率化~

    株式会社ミロク情報サービス 製品企画開発部 秋山 裕史

    「ポストコロナ」時代に向けてデジタル活用の促進が急がれる状況で、電子帳簿保存法も緩和され、業務のデジタル化が加速します。本セミナーでは、改正電子帳簿保存法・スキャナ保存及びインボイス制度へのMJSの対応と新機能「ファイルBOX」をご紹介いたします。

  • B-5 15:45~16:30(45分)

    「今が旬!請求書電子化のススメ」~迫りくる制度改正を見据えて~

    株式会社インフォマート パートナー営業部 Salse推進室 係長 大矢 勇 氏

    電子帳簿保存法、インボイスと言った制度改正を背景に、請求書電子化を検討頂く企業様が増えております。本セミナーでは上記制度改正のポイントも踏まえ、62万社以上が利用している「BtoBプラットフォーム請求書」のご紹介をさせて頂きます。

  • B-6 16:45~17:30(45分)

    ペーパーレス化により電子化した文書の整理術

    キヤノンマーケティングジャパン株式会社 鈴木 峰雄 氏

    電子帳簿保存法に則って電子データを保存するには、いつでも目的の帳票を探せるように整理して保存する必要があります。本セミナーでは、複合機を活用した電子データの整理術をご紹介します。

DAY3

時代の変化に対応した業務改革とセキュリティ対策

  • C-1 10:00~11:00(60分)

    マイナンバー時代に対応した業務改革とセキュリティ対策

    東京工業大学科学技術創成研究院准教授 小尾 高史 氏

    行政手続き、事務処理等の効率化のためにマイナンバーの利用範囲が拡大されつつあります。これと連動して、マイナンバーカード、マイナポータルの活用も加速しています。DXに取り組む観点から、行政のデジタル化の動きや行政手続き等への対応に必要なセキュリティ対策についてお話しします。

  • C-2 11:15~12:00(45分)

    人事評価をDX化し業務効率化推進!企業成長に必要な仕組み作りとは

    プライマル株式会社
     取締役 専務執行役員 ソリューション事業本部 本部長 米国公認会計士 横内 伸彦 氏
     ソリューション事業本部 コンサルティング事業部 マネージャー 小澤 和秀 氏

    コロナ禍でテレワークが普及し、従来のExcel運用の人事評価が難しく、運用の再考・システム化が急務である企業向けに、これからの人事評価の在り方やシステム化、業務効率化を実現するクラウドツール『BizForecast』をご紹介します。

  • C-3 13:30~14:15(45分)

    ニューノーマル時代、ワークフローシステムの導入による経理業務改革

    株式会社ミロク情報サービス 製品企画開発部 木村 孝輔

    経理部門におけるテレワークの導入が難しいとされる理由の1つは、「紙の書類」の存在です。本セミナーでは、MJSが提供するワークフロー一体型ERP『Galileopt NX-Plus』とスマートフォン向け新アプリ『MJS DX Workflow』を用いた経理業務のペーパーレス化・ロケーションフリー化の手法をご紹介いたします。

  • C-4 14:30~15:15(45分)

    改正個人情報保護法に備える、安全・安心な業務を行うための情報セキュリティ対策

    株式会社ミロク情報サービス 営業推進部

    テレワークは、ペーパーレス化・DXの推進により対応可能で電子帳簿保存法の改正により、今後さらに加速することが予想されます。本セミナーでは、改正個人情報保護法に備えつつ、安全・安心なテレワークを導入するための実践的な情報セキュリティ対策のポイントをやさしくご紹介します。

  • C-5 15:30~16:15(45分)

    ~ビジネスの加速・発展を守るために~ DXで増大するセキュリティリスクへの備え方

    株式会社ミロク情報サービス 営業推進部 塩田 和子

    DXを加速させる一方で、大きな課題となるのが、「セキュリティリスク」の増大です。本セミナーでは、今年急増している「ランサムウェア攻撃」などの現状と、セキュリティ対策の考え方や手段を具体的に提示します。

  • C-6 16:30~17:15(45分)

    契約書AIレビュークラウドはどのように契約書チェックを効率化するか

    株式会社リセ 代表取締役社長 藤田 美樹 氏

    少人数法務の現場でも実践できる「和文・英文契約書AIチェックの活用法」として、契約書レビューAIクラウド「LeCHECK(リチェック)」を使って、契約書のチェックすべきポイントや修正方法を、紛争を専門とする弁護士がわかりやすく解説します。

ご注意事項

  • お申込みにはメールアドレスの登録が必要です。
  • お申込み後、受付完了メールが送信されます。
  • セミナー当日は、受付メールにあるURLよりご参加ください。
  • 1名様のお申込みで複数名の方がセミナーを視聴することはできません。お申込み1名様ごとに個別のメールアドレスが必要となります。

  • インターネット環境が必須です。
  • 本イベントはWeb会議システム「Zoom」を使用いたします。お客様のお持ちのPC、またはスマホより参加可能です。
    • パソコンにはスピーカー(またはヘッドフォン)が必要です。当方からは映像と音声でお伝えいたします。
    • お客様側のWebカメラ、マイクは使用いたしません。

【スマホご利用のお客様へ】(※Wi-Fi環境でのご視聴を推奨しております。)

  • 「Zoom」アプリのダウンロードが必要です。(受講票メール記載のURLにアクセスのうえ当日までにダウンロードをお願いいたします。)

かんたんナビ