お客様の対応内容

(1)新しい勘定科目の追加

新しい勘定科目について」に記載のとおり、契約資産、契約負債、返品資産、返金負債の科目追加が必要です。

(2)会計処理の見直し

新会計基準に準じた会計処理の設例が、以下「企業会計基準委員会ホームページ」で公開されていますのでご参考ください。

企業会計基準委員会ホームページ
「収益認識に関する会計基準の適用指針」の設例
https://www.asb.or.jp/jp/wp-content/uploads/20180330_04.pdf

(3)返品権付き販売取引の会計と法人税の差異対応

「返品資産」 「返金負債」については、法人税法上、認められていないため、会計上の売上と 法人税法上の売上の差異を調整する必要があります。

(4)建設工事業システムにおける「工事進行基準」および「原価回収基準」対応

かんたんナビ