経営スピードに、連携の力を。

MJSイメージキャラクター 菊川 怜

MJSか!
財務 営業 給与 経理 販売 総務 人事

菊川怜さんが出演の
テレビCM公開中

株式会社UKYOモータース 生産性向上戦略経営会議
    • MJS コンサルタント
      菊川 怜

    • UKYOモータース CEO
      片山 右京

    • 経理部長 犬塚

    • 営業部長 朝日

    • 人事部長 中川

    • 総務部長 佐佐木

    • 経理部 長谷川

    • 人事部 伊藤

    • 総務部 葉月

    • 会計事務所 石坂

CEO みんな!競合企業に勝つためには、もっと仕事の速さと正確さがほしい!

経理部 各部署別々のシステムを使っているため、​会計システムへリアルタイムに反映されないもので...

営業部 全国各拠点の売上データの集約に
          手間取りまして...

人事部  (ほんとは営業部と言いたいところだが・・・)各部署、勤怠の入力が遅くて困るんですよねぇ。給与計算システムへの反映も大変なんですよ...

総務部 システム間のデータ連携に時間がかかるんです...

CEO スピードが遅すぎて、このままでは競合企業にオーバーテイクされてしまう。何かいい手はないものか......*オーバーテイク:F1用語。追い抜くこと。

MJSコンサルタント 社長!それ、システムを“連携”
          すればいいじゃないですか

システムが“連携”すれば
経営のスピードアップ!

システムは、“連携できるか”で選ぶのがポイントです。

悩んでないで、MJS! 経営管理のためのトータルソリューション

トータル
ソリューション

充実のサポート体制

全国に広がる
営業拠点

組織力・情報量

「財務を核としたマネジメントシステム」 として、業務効率化のみならず、
高度な経営計画、経営情報の可視化、 ワークスタイル変革、内部統制の強化を実現します。
経営資源の最適化や経営情報の可視化も、財務を核にしているからこそ、 
効率的で実効的。 真に経営に貢献する 革新的ソリューションを提供します。

CM登場人物 相関図

UKYOモータース CEO 片山 右京 UKYOモータース 経理部 部長 犬塚 UKYOモータース 経理部 社員 長谷川 UKYOモータース 営業部 部長 朝日 UKYOモータース 人事部 部長 中川 UKYOモータース 人事部 社員 伊藤 UKYOモータース 総務部 部長 佐佐木 UKYOモータース 総務部 社員 葉月 MJSコンサルタント 菊川 怜 会計事務所勤務 石坂
UKYOモータース CEO 片山 右京

子供のころからF1レースが好きで自動車メーカーを創業。
電気自動車や自動運転技術を武器にシェア拡大を目指す。

UKYOモータース 経理部 部長 犬塚

社内での信頼も厚く誠実な性格だが、
一方、業務改革を着実に進める策士の一面も。

UKYOモータース 経理部 社員 長谷川

入社3年目。モータースポーツ好きがきっかけで入社。
一つのことに集中する、マルチタスクが少し苦手。

UKYOモータース 営業部 部長 朝日

お客様第一主義。
会議中も、得意先のことを考えている。

UKYOモータース 人事部 部長 中川

人事マネジメントを戦略的に行いたいが、
なかなか思うようにいかない。

UKYOモータース 人事部 社員 伊藤

入社3年目。周りに気を遣いすぎるため、
余計な苦労も背負いやすい。

UKYOモータース 総務部 部長 佐佐木

視野が広くて気が回るタイプ。
営業出身のため現場の事にも明るい。

UKYOモータース 総務部 社員 葉月

新卒。運動が好き。
明るい性格で先輩に可愛がられる。

MJSコンサルタント 菊川 怜

UKYOモータースの救世主として
システムによる業務改革を全力サポート。

会計事務所勤務 石坂

UKYOモータースの担当職員として
信頼を獲得すべく奮闘中。

CM出演者紹介

プロフィール
1978年2月28日生まれ。埼玉県さいたま市出身。
オスカープロモーション所属
大学2年生の時に東京・新宿でスカウトされ、1年後にモデルデビュー。
グラビアモデル、女性ファッション誌「Ray」の専属モデルとして活躍。
2002年10月から「真相報道 バンキシャ!」が放送開始、福澤朗と共に以後7年間キャスターを務めた。
2012年7月から2017年9月まで、初の帯番組レギュラーとなる「情報プレゼンターとくダネ!」の女性司会者を5年間務めた。
プロフィール
1963年、東京都出身。
元F1レーサー。リタイアを恐れない攻撃的なドライビングでカミカゼ・ウキョウと呼ばれた。
F1ドライバーとして6年間にわたって日本人最多出場記録を持つ。
ルマン24時間耐久レースやサファリラリーにも参戦。
現在はTeamUKYO代表としてS-GTの監督、自転車ロードレースチーム代表、子供向け野外学校校長と3分野で後進の育成に注力。
近年の活動
2012-13年
第4代 自転車名人就任(11月まで)
2015年
自転車グッドチャリズム リーダー(2007年より)
2017年
神奈川県相模原市終身名誉観光親善大使(2007年より)
2017年
一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟(JBCF) 理事長
2018年
2020年 東京五輪・パラリンピック スポーツマネジャー(自転車競技担当)
“連携の力”の秘密がわかる「MJSソリューションガイドブック」